『ガチゲキ!!』復活前年祭

『ガチゲキ‼』とは?

複数の劇団が共通のテーマで作品を提出し、観客投票と特別審査員の審査により賞を決めるコンペ形式のフェスティバル。2011年に第1回、2014に第2回がそれぞれ王子小劇場で開催された。第3回は2026年3月に開催予定。

『ガチゲキ‼』復活前年祭 公演説明

ガチゲキ‼本編復活に向けて、盛り上げていくための前年祭。本編ではシェイクスピアをテーマにしていたが、今回は「月9」をテーマに創作する。最初の3日間を【伏線編】として、30分程度の作品を3団体で連続上演。その後は【ネタバレ編】として、それぞれの団体が単独上演をする。

参加団体

くによし組

くによし組
重い愛
作・演出: 國吉咲貴

■ 出演
荒波タテオ (popchicfactry)
國吉咲貴 (くによし組)
永井一信 (くによし組)
〈ネタバレ編のみ出演〉
笠井幽夏子
青木絵璃
七星束子 (青年団/劇団サカナデ)

■あらすじ
ものすごく重たい赤ん坊を産んだ、愛が重すぎる妻と、その周りの人たちの、一方的な愛のお話。

劇団だるめしあん

劇団だるめしあん
ラブイデオロギーは突然に
作・演出: 坂本鈴

■ 出演
田実陽子
小泉まき (中野成樹+フランケンズ)
陽向さとこ (エアフォルク企画)
勝沼 優 (ブルーエール)
木内コギト (\かむがふ/)
菅野貴夫

[伏線編のみ出演]
近藤陽子 (劇団AUN/劇団晴天)
坂井和美

■あらすじ
ドラマ化したケータイ小説の世界に転生した原作者と脚本家。ふたりはタッグを組み、死の運命に抗っていく…!

松森モヘーの小竹向原ボンバーズ

松森モヘーの小竹向原ボンバーズ
熱海占い学園伝説からくり人形殺人温泉
作・演出: 松森モヘー

■ 出演
遠さなえ
加藤睦望 (やみ・あがりシアター)
小嶋直子
佐藤昼寝 (昼寝企画)
松森モヘー

■ あらすじ
松森モヘーが愉快な仲間「小竹向原ボンバーズ」と送る、熱海の占い学園伝説からくり人形殺人温泉で起きた温くも悲しきミステリー。世界初大どんでんでんどん返しに挑戦!犯人はお前だ!

公演スケジュール

公演期間: 2024年8月8日(木) – 8月18日(日)

【伏線編】

■ 3団体連続上演 30分×3本
8月8日(木) 19:00
8月9日(金) 19:00
8月10日(土) 12:00 / 15:30 / 19:00

【ネタバレ編】

■ 1団体単独上演 ※90分程度を予定
8月11日(日) 12:00【だる】 / 15:30【くに】 / 19:00【モヘ】
8月12日(月) 12:00【くに】 / 15:30【モヘ】 / 19:00【だる】
8月13日(火) 休演日
8月14日(水) 14:00【だる】 / 19:00【くに】
8月15日(木) 14:00【くに】 / 19:00【モヘ】
8月16日(金) 14:00【モヘ】 / 19:00【だる】
8月17日(土) 12:00【モヘ】 / 15:30【だる】 / 19:00【くに】
8月18日(日) 11:00【だる】 / 14:00【くに】 / 17:00【モヘ】

チケット料金

[通常チケット](伏線編・ネタバレ編共通)

一般前売: 3,500円
U-22前売: 3,000円
リピーター割: 各 -500円
当日券: 各 +500円

[セット券]

■ 伏線回収セット (伏線編1公演+1団体のネタバレ編1公演の計2公演のセット)
一般前売: 5,000円
U-22前売: 4,000円

■ 通し券 (伏線編1公演+3団体のネタバレ編1公演の計4公演のセット)
一般前売: 10,000円
U-22前売: 8,000円

[応援チケット] 

応援チケット【松】: 15000円 (通し券)
応援チケット【竹】: 7000円 (伏線回収セット)
応援チケット【梅】: 5000円 (伏線編・ネタバレ編共通1公演チケット)
※『ガチゲキ‼』実行委員会と各団体がよろこぶチケットです!

注意事項

※ 日時指定・全席自由
※ 未就学児童はご入場頂けません。
※ 開場時点では【劇場支援会員 → 一般予約 → 当日券】の順番で受付しご入場いただきます。
※ 開場後は券種に関わらず、来場順での入場になります。

会場

アトリエ春風舎
〒173-0036 東京都板橋区向原2丁目22-17 すぺいすしょう向原B1

→ 東京メトロ有楽町線・副都心線/西武有楽町線「小竹向原駅」 4番出口より徒歩4分

スタッフ

作・演出:國吉咲貴、坂本鈴、松森モヘー
舞台監督:稲元洋平
音響:大嵜逸生 (くによし組)
音響操作:ワタナベユウタ (株式会社K-works)
照明:瀬戸あずさ (balance,inc.DESIGN)
統括:前原麻希 (趣向)
宣伝美術:郡司龍彦
制作:類家アキヒコ
制作補佐:タナバタカナリア
HP製作:斧口智彦 (Theatre 劇団子)

タイトルとURLをコピーしました